飲み会が続く・・・肝臓への負担が気になる・・・

ウコンで肝臓への負担を減らすのは常識

 

飲み会の二日酔い対策、肝臓への負担が気になる、そんな時はやっぱりウコンが一番。ドリンクで有名なのも多いですが、あまりウコンが入っていないのに高い・・・最近ではコストも安く、より効果的なウコンのサプリメントを飲む人が多いです。

 

健康食品として知られているウコンにはどのような効果・効能があるのでしょうか。
まずは、様々な効果が得られるウコンを詳しくみていきたいと思います。

 

肝臓機能の改善

ウコンの1番の効果と言えるのが、肝臓機能の改善、活性化です。

 

私たちの臓器の中でも1番大事なものと言える肝臓は、正常に機能するだけで健康を維持し続けることができます。飲みすぎることで二日酔いが発生しますが、これはアセトアルデビドと呼ばれる成分が増えてきてしまうからです。

 

ウコンには“クルクミン”と呼ばれる成分が入っており、胆汁の分泌を活性化してくれることで二日酔いを防止してくれます。

便秘解消

女性に悩んでいる人がとても多い便秘
便秘が長く続いてしまうほど体の中に老廃物や毒素が蓄積されていきます。

 

ウコンは便秘を解消してくれる食物繊維が豊富に含まれているため、腸内を掃除してくれる力を持っています。

 

食物繊維が多いと満腹感も得られるのでダイエット効果もあるでしょう。

動脈硬化の防止

死亡原因のトップに動脈硬化が挙げられていますが、
ウコンは動脈硬化を防ぐことができる効果が期待できます。

 

動脈硬化の要因である血中コレステロールを分解し、動脈硬化の原因となるものを防いでくれるのです。

活性酸素を排出する

活性酸素が体内に溜まっていってしまうと体調不良や老化がどんどん進んでいってしまいます。老化防止のためにも活性酸素は排出しなければなりません。

 

その力を持っているのがウコンです。

 

ウコンに含まれているクルクミンは、肝臓機能を改善させるだけでなく、老化の原因となる活性酸素も排出してくれます。

 

ウコンはサプリメントでとるのが断然お得です。

 

有名なウコンの力というドリンクがありますが、普通にコンビニとかで買うと1本200円前後します。入っているのはクルクミン30mgです。それを考えると、以下のサプリメントの方が圧倒的にコストパフォーマンスが良いというのが分かるのではないでしょうか。

 

 

↓ドリンクよりお得!今売れているウコンサプリ↓


小粒で飲みやすい人気のウコンサプリメント

沖縄の無農薬栽培されたウコンサプリ

琉球ウコンハーフパックは沖縄で無農薬栽培されたウコンを使用したサプリメント。1日3粒でクルクミン60mgをしっかりとれます。いつでもすぐに飲める小粒タイプで飲みやすいのも特徴。琉球ウコンはビタミンやミネラルも豊富です。

価格

初回(45粒):1,000円(税込)(※初回限定価格)
※1日あたりのコスト(1日3粒):約66円

主な配合成分

ウコン粉末(140mg)、ウコンエキス(23mg)

水なしで噛んで食べれるウコンサプリメント

秋ウコンホワイトは水なしで噛んで美味しく摂取できるレモン味のタブレットタイプ。1日1粒でOKでウコンエキス50mgを摂取できます。お酒を飲む前・飲んでいる最中・飲んだ後などに水なしでラムネの様に噛んだりなめたりして手軽にとれるのが便利。

価格

初回(5粒):930円(税込)(※初回限定価格)
※1日あたりのコスト(1日1粒):約186円

主な配合成分

ウコンエキス50mg

肝臓に良い成分を全て詰め込んだサプリ

レバーザイムはウコン、しじみ、レバー、牡蠣など肝臓に良いと言われている成分を丸ごととれるサプリメント。血液サラサラ成分であるEPA・DHAやビタミン類も入っているのがポイント。飲み会による二日酔い対策としても、肝機能が気になる人にもオススメのサプリメントです。

価格

初回(20粒):980円(税込)(※初回限定価格)
通常(60粒):6,480円(税込)
定期(60粒):4,860円(税込)
※1日あたりのコスト(1日2〜4粒):約216円

主な配合成分

ウコンエキス、しじみエキス、レバーエキス、牡蠣エキス、EPA・DHA、しそ油、ビタミンB2、ビタミンE、酵素

秋ウコンと紫ウコンのWパワーのサプリメント

活性ウコンSUPERはあのハウス食品が販売するウコンサプリ。1日3粒で秋ウコンが40mgとれます。また紫ウコンやコショーに含まれるピペリン(クルクミンの吸収を高める成分)まで配合。秋ウコンと紫ウコンを同時に取れるのが強みのサプリメントです。

価格

初回(90粒):2,100円(税込)(※初回限定価格)
※1日あたりのコスト(1日3粒):約70円

主な配合成分

ウコンエキス40mg、紫ウコンエキス15g、ピペリン20mg

ウコンの効果を引きだす!飲むタイミング

ウコンが身近になったのは、CMでもお馴染みのウコンのドリンク剤がキッカケかもしれませんね。

 

そのほかにウコンを摂取しようとすると、錠剤もあれば、粒状もあります。お茶という方法もありますね。これらをどのタイミングで飲めば良いのかという質問は多いようです。

 

タイミングと言っても、ウコンを飲む目的によって異なるでしょう。

 

健康目的の場合は・・・

もともとお茶などで飲まれていたように、健康目的のためであれば少しずつコツコツ摂取すれば良いです。特に食前食後の指定もありませんし、朝昼晩の指定もありません。

 

一度に、短期間に、大量に、という飲み方をしなければ大丈夫です。

 

飲み会など二日酔い対策の場合は・・・

お酒の席が予定されているけれど、そこであまり深酔いしたくない、次の日に大事な仕事やイベントがあるといった場合にウコンを利用したいのであれば・・・。

 

一番良いのはお酒を飲む30分〜1時間くらい前にサプリメントを飲んで、お酒の席が終わった後にももう一度飲むとかなり効果が期待出来ます。

 

お酒の席の後に飲むのは、寝る前でかまいません。
糖分を含まない水分をたくさん摂って、一緒にウコンも飲みましょう。

 

アルコールの分解・解毒は夜寝ている間がピークです。

 

肝臓にしっかりはたらいてもらって二日酔いを防止するなら、その夜だけは申し訳ないけれど肝臓には夜通しはたらいてもらう必要があります。

 

ただ、便利だからとこの方法を毎晩のように多用するのは、肝臓のためにも避けてくださいね。


ウコンの副作用

ウコンの健康食品を食べる・飲む前に、必ず確認してほしいことが「副作用の有無」です。これはすべての健康食品に当てはまります。

 

どのような副作用があるのかどうか確認することで失敗を防ぐことができますし、安心して試すことができるでしょう。さて、気になるウコンに副作用があるのかどうかについてですが・・・

 

ウコンには基本的に副作用の心配はありません。
ウコンは漢方薬の中でも質が良く、安全性の高い「上薬」としてみなされています。

 

副作用がない分、誰が試しても大丈夫!と考えがちですが、人それぞれ体質や体のつくりが違います。病気を持っている人や妊娠中の人、アレルギーがある人など様々です。

 

ウコンを体内に入れて、副作用のような症状が出たという人は、
肝臓に関係する重たい病気を持っている人が多い傾向があります。

 

副作用はないと言われていても、試す人の体、持病によってはそのような症状が表れることもあるということです。持病がさらにひどくなってしまっては意味がありません。自分の体に不安な点がある方は、かかりつけの医師に一言相談してからウコンを服用するようにして下さい。

 

また、「過剰摂取」も副作用の症状がみられます。
あまり多くのウコンを服用してしまうと消化管障害を引き起こしてしまう恐れがあります。何でも過剰な摂取は、体に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

ウコンを服用する時はその商品が設定してある服用量を必ず守って、使うようにして下さい。

 

服用の仕方によっては副作用が出てくることもあるということ、持病を持っている方や妊娠中の方は医師と相談しながら服用するということが大事です。